中学生以降、永久歯の歯並びの矯正治療にかかる動的治療期間は(矯正装置が付いている)、歯を抜かずに治療する非抜歯治療でおおよそ1年~1年6か月、歯を抜いて治療する抜歯治療の場合には1年6か月~2年6か月程度かかります。

過去、大学3回生の夏頃に「卒業までに治して欲しい」や、2回生になってから「来年の就活が始まるまでに終わりたい」など、症例によっては希望に添うことが難しい場合が多々ありました。もう半年早く来られたら楽勝で間に合ったのに・・・・。

就職活動中に、歯に矯正装置が付いていると、それがデメリットになるかどうかはわかりませんが、もし治療が終了しきれいな歯並びになっていたら、笑顔で自信ある態度で就活にのぞむことができると思います。

もし、大学生の間に歯並びを治したいといった願望があるようでしたら、大学入学早々お気軽にご相談お願いします。一緒に考えましょう。

ページの先頭へ戻る