その他の治療

顎変形症について

一般に上顎あるいは下顎が前に伸び過ぎていたり、逆に顎が小さいなどで上下の歯の噛み合わせが大きくずれてしまっていたり、あるいは顔が非対称で歪んでいるような場合は「顎変形症」と総称される病気である可能性があります。

顎変形症と、その治療

上記のような状態ですとうまく噛めませんし、言葉がわかりづらいなどのいろいろな障害がでてきます。また「受け口」などどいわれて容貌に一人悩むことも少なくありません。他にも前歯がでている、アゴが横にずれている、なども問題になってきます。

まだ小さい子供のうちは歯の矯正で対処できることもありますが、成人してからは時間的、社会的な制約だけでなく医学的な理由からもなかなか治療することは難しくなってきます。

現在ではこのような方々に対しては多くの場合、矯正治療に顎矯正手術を組み合わせることで、治療することが可能になっています。

顎矯正手術の詳細はこちら

顎変形症の治療が健康保険でできます

顎変形症の治療は、矯正歯科を標榜している歯科医院でしたら治療が可能です。しかしながら顎変形症の矯正治療には高度の治療技術が必要とされています。そのため、歯科大学の矯正歯科あるいは矯正歯科専門医院へ受診したほうが安心です。

治療は、更生医療指定機関へ受診されますと、顎変形症の歯科矯正治療が健康保険で出来ます。指定されていない施設で顎変形症の矯正治療をする場合は、自費診療となります。 更生医療機関として施設が指定されるためには、設備の基準と適切な医療機関で5年以上の矯正臨床経験及び口唇口蓋裂の治療経験のある歯科医師が常勤している等の要件を満たすことが必要です。

顎変形症に保険を適応するためには、施設基準というのがあります。顎運動測定器・筋電計等の器材の設置が義務づけられています。 当院は上記のすべてを満たした顎口腔機能診断施設の認定を受けておりますので、安心して受診をして下さい。

高額療養費の申請が出来ます

高額療養費とは,同じ病院や診療所で支払つた1ケ月の医療費が、自己負担限度額を越える場含には、その額が手続きをすれば戻ってくるという制度です。顎変形症にかかった治療費も給付申請することができます。

http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm

【70歳未満の方 医療費の自己負担限度額(1か月あたり)】

外来・入院

  • 上位所得者
    (標準報酬月額53万円以上) 150,000 円+(総医療費-500,000 円)×1%
    〈83,400 円〉
  • 一般
    80,100 円+(総医療費-267,000 円)×1%
    〈44,400 円〉
  • 低所得者
    (住民税非課税世帯) 35,400 円
    〈24,600 円〉

※〈〉内の金額は、多数該当の場合の限度額

« 一覧に戻る

ページの先頭へ戻る