大人の矯正治療

八重歯の矯正治療

八重歯とは上の犬歯が萌えるところがなく、外側に出ている状態を言います。一番最後に萌えてくる歯ですので、小さい顎の時には出る場所が無く八重歯になることが多いです。欧米ではドラキュラの歯といって嫌がられます。唇をかんだりして口内炎ができることがあります。

  • 矯正治療前

    治療前写真上の左右の犬歯が著しく八重歯になっています。下の前歯にもでこぼこがあります。

  • 矯正治療中

    治療中写真便宜抜歯をしてマルチブラケット装置を装着しました。ニッケルチタンの歯に優しいワイヤーで動かしています。

  • 矯正治療終了時

    治療後写真出ていた犬歯が引っ込みきれいな歯並びになりました。口元が美しくなり笑顔の印象が変わりました。

« 一覧に戻る

ページの先頭へ戻る