咬合崩壊症例

顎変形症の矯正治療

一般に上顎あるいは下顎が前に伸び過ぎていたり、逆に顎が小さいなどで上下の歯の噛み合わせが大きくずれてしまっていたり、あるいは顔が非対称で歪んでいるような場合に顎変形症といいます。このような場合には矯正治療と手術を組み合わせて治療を行っていきます。

受け口の矯正治療の方法

上顎骨が著しく後退している場合や、下顎骨が大きくて前方に出ている場合などには、上下の前歯の咬み合わせが著しく反対になります。そのような時には、上下の前歯を先と先で咬むことができません。

  • 矯正治療前

    下の前歯が前方に出ています。下くちびるが著しく前に出た横顔です。

    治療前写真

  • 矯正治療中(手術前)

    手術前口腔内写真手術前のかみ合わせです。

  • 矯正治療中(手術後)

    手術後口腔内写真手術後のかみ合わせです。

  • 矯正治療終了時

    きれいな歯並びとなりよく咬めるようになりました。口元もスッキリしてきれいになりました。

    治療後写真

非対称の矯正治療の方法

治療前写真下の顎が左に大きくずれています。そのため顔の正面観も左にずれ非対称になっています。

  • 矯正治療中(手術前)

    手術前写真
    手術前の咬み合わせです。

  • 矯正治療中(手術後)

    手術後写真
    手術後の咬み合わせです。

  • 矯正治療終了時

    治療後写真

    歯列の中心線が一致するとともに顔も対称となりました。

« 一覧に戻る

ページの先頭へ戻る